なかはしこうよう(NAKAHASHIKOUYOU)|ポケモン百科事典


この項目は不確定要素を含んでいます。所謂、ポケモン都市伝説とはポケモンファンが作り出した創作物であり、公式の設定とは必ずしも一致しません。

『なかはしこうよう(NAKAHASHIKOUYOU)』とは、『ポケットモンスター赤・緑』で登場する都市伝説の一種である。

なかはしこうよう(NAKAHASHIKOUYOU)

登場作品 RG:第1世代 
ジャンル 都市伝説・人物 
流布 2006年頃-
62ぉ22  ふぁfgへt

概要

なかはしこうようは、ポケモンの開発元である株式会社ゲームフリークスの社員とされている人物。ポケットモンスターの記念すべき第一作目である『ポケットモンスター 赤・緑』の制作に関わっていたが、やむを得ない事情によりスタッフロールに名前がない。

GENGA HA NAKAHASHIKOUYOU

この文字列はゲーム内のとある場所でとある操作を行うことで見ることができる。具体的には、クチバシティのサント・アンヌ号が停泊している港にて、サント・アンヌ号が出航する前の時点で(つまりバグでなみのりのわざマシンを生成)、右側へ歩くと通常プレイでは見ることができないトラックにたどり着く。このトラックの前で特定のコマンドを入力すると、数字の羅列と共に「GENGA HA NAKAHASHIKOUYOU」の文字列が表示される。「原画はなかはしこうよう」から、なかはしこうようは原画を担当していたスタッフであると推測された。また、この文字列表示バグは当時の開発スタッフがなかはし氏の名前を残すためにゲーム内にバグというかたちで組み込んだものだと考えられている。

ゲンガー

+ゲンガー

文字列に含まれるGENGAはポケモンの「ゲンガー」を指しているのではないかとも言われている。なかはしこうよう氏が原画を担当したキャラクターやポケモンなどの詳細は一切不明だが、その中のひとつとして「ゲンガー」があったとされる。また、ゲーム内におけるゲンガーの鳴き声をスロー再生すると「なかはしこうよう」と聞こえるという。

なかはし死亡説

上述したスタッフロールに名前が出なかったやむを得ない事情とは、なかはしこうよう氏が制作途中において死亡したからとする説が主流である。

オーキドBB説

なかはし死亡説に対抗する説として一部哲学者の間で囁かれた暗黒説。「GENGA HA NAKAHASHIKOUYOU」という謎の文字列を「ゲームボーイ」というポケモン図鑑の偽コピー品を通して多数の一般人に流布させることを目的として、つまり、世界を混沌に陥れるための事実無根のブラックボックス(=BB)がオーキド博士(もしくは善意の研究者たち)によって仕掛けられているのではないかとする説。まるですべてが事実であるかのように人々の脳に植え付けられた現在において、オーキドBB説は各所で支持を得ているようだ。ただし、その行為に伴うオーキド博士の目的(なぜ世界を混沌に陥れる必要があるのか)についてはほぼ考察されておらず、説得性に欠ける。関連する類似項目として「インドゾウ」の「仮説:ブラックボックス」も参照されたし。

真相

これを語ることはポケモン都市伝説の存在そのものを否定する行為になってしまう為、控えさせていただきたい。

真相:クリックで開閉

Pokemon.with +nintendo


ポケモンを中心に任天堂関連の情報を取り扱う情報配信サイトです。





LANGUAGE

ポケットモンスターを中心に任天堂関連の情報を取り扱う情報配信サイト