ポケモン サン&ムーン 第18話 感想/ストーリーまとめ『マジィ!?マオのお料理大作戦!!』【アニポケSM】

Pocket

本物のアローラシチュー

おまたせー!今度こそ、
本物のアローラシチューの完成だよー!!

進化して更にお手伝いが楽しくなったようですね!
うん!

いっただっきまーす!

……。

ど、どう?

おいしーい!!

おいしーい!!

スイレン…(笑)

いぃよっしゃぁぁぁーー!!

ピリッとした後味が効いています!
幻の美味しさ〜

おかわり!

すごくおいしいよマオ!
あぁ、この間のとは大違いだ!
僕はこの前のだって美味しかったよ?

ありがとう、みんな!!それもこれも全部、
一緒に探してくれたサトシとピカチュウとロトムとモクローと、それから…

アママイコのおかげだよ!
これからもよろしくね!

 

期間限定メニュー

やまぶきの蜜が採れる時期は限られているので、幻のアローラシチューを看板メニューにすることは難しいが、期間限定のメニューとしてアローラシチューを残すことに!

アイラ食堂の看板メニューを作るって目標は変わってないよ!
これからもどんどん試食会を開くから楽しみにしててね!

 

(ナレーション)
アマカジのマオを想う強い気持ちが、アママイコへと進化させた。
マオの看板メニューへの挑戦は、パートナーのポケモンと共に、まだまだ続く!

ポケもんだい

おまたせー!
ポケもんだいの答えはパチパチスタイルでした!
オドリドリのパチパチスタイルはでんき/ひこうタイプ!
好物の蜜によって姿やタイプを変えるなんて素敵なポケモンよね!
おかげで、やまぶきの蜜、見つかったよ!ありがとう!

みんなの感想

あにぽけ20周年にして11人目となる関根アユミ氏の脚本回でした
(あにぽけの新脚本家は面出明美氏以来4年振り)
中盤の無限ループが「ん?」って感じだったけど原作要素もしっかりと踏まえた内容だったと思います。


ポケモンスクールのクラスメイトの家族をみんな登場させるっていうのも、旅ではなく暮らしを描くサン&ムーンだからこそなのかしら。


味方側の初進化はアマカジさんでしたか。マオさんの掘り下げもさる事ながら冒頭とラストにしか出てない他のクラスメイトの面々もそれぞれの個性が出てて面白いですね。
無印のアレンジBGMが使われてたりドデカバシさんらが再登場したりと細かいところでも見所が多い回でした。
あとスイレンさん→マオさんの呼び方は「マオちゃん」なんですね


サトシとモクローの行動範囲にドデカバシ父ちゃんとケララッパ母ちゃん+ツツケラ兄弟がいてくれることにほっこりした
今までのパターンだとその場所を旅立っちゃうから別れた家族or仲間とはめったに再会できないもんなぁ


看板メニュー考案には至らなかったマオですが、これからもどんどん試食会を開いて新メニューを考えていこう!……というところで、今回のお話はおしまいです。
アイナ食堂の看板娘としてだけではなく、マオのヒロインとしての側面もきっちり描かれた回でしたね。

マオは他人に対しては積極的で行動力がありますが、自分のことには若干控えめな部分があり、今回もサトシに強く誘われたからこそミツ捜索に踏み切れたのでしょう。
マオとサトシは両者とも他人をひっぱることのできる性格なので、悪くない組み合わせかもしれませんね。

しかしマオは自分のことには控えめと言えど、しっかりと自分だけの夢を持っていて、それを実現するためのやる気も十分ですので、今後のマオの活躍にも目が離せませんね。
そして新たに進化したアママイコ、マオとこの先どんな連携を見せてくれるのか楽しみですね。


EDもアマカジからアママイコに替わってる!

ページ :
1 2 3 4

5


Pokemon.with + nintendo


ポケモンを中心に任天堂関連の情報を取り扱う情報配信サイトです。




ポケットモンスターを中心に任天堂関連の情報を取り扱う情報配信サイト