ポケモン サン&ムーン 第21話 感想/ストーリーまとめ『ニャビー、旅立ちの時!』【アニポケSM】

Pocket

この記事では、アニメ『ポケットモンスター サン&ムーン』第21話のストーリーや感想をまとめています。
→今までのお話はコチラ!

第21話『ニャビー、旅立ちの時!

通算968話 2017年4月6日放送

あらすじ

ある日、サトシは街で、以前出会ったニャビーと再会する。
ニャビーのすみかへ行くと、そこにはニャビーを指導する年老いたムーランドの姿もあった。
それから少し経った頃、なんとあのニャビーが、サトシに助けを求めてきた! ムーランドの体調が、とても悪くなってしまい…!?

本編スタート!

風来坊、再び


市場で買い物をしていたサトシたち。
大量に買った食べ物を持ち運んでいたが、ニャビーが颯爽と現れ食べ物を奪ってしまう。

ニャビー、久しぶりだな!

サトシは再会を喜ぶが…

待ってくれよ!おーい!

 

年老いたムーランドのもとへ


ニャビーは橋の下の隠れ家へ向かう。
年老いたムーランドに食べ物を持ち帰っていたのだ。
笑顔で食べ物を受け取るムーランドと嬉しそうなニャビー。微笑ましいですね。

一方で、ムーランドは頻繁に咳をし、体調があまり良くないことが伺えます。

(ナレーション)
サトシとニャビー。野良のポケモンとして生きていたニャビーをサトシは気に掛け、年老いたムーランドと一緒に暮らしていることを知った。しかし、ニャビーはサトシと馴れ合うことなく、距離をとり続けているのだ。

参考:16話『小さな三匹、大きな冒険!』

ニャースとニャビー/サトシとニャビー

木の葉の描写


今回のお話ではところどころで舞い落ちる木の葉が描かれています。
ムーランドの体調が良くない、というシーンを見せたあとで木の葉が1枚ずつ散ってゆく描写が入ることで、視聴者はムーランドに終わりが近づいていることをイヤでも想像してしまいます。

21話全体を通して、直接的に『死』という言葉が語られることはありませんが、木の葉、雨、雲、虹など、とても丁寧に描かれた情景がポケモンや登場人物たちの心情をこれでもかと演出しています。本当に素晴らしい。

ほのおのキバ

ニャビーとムーランドは隠れ家で「ほのおのキバ」の練習をしていた。

お手本を見せるムーランド

あのワザは…!?
「ほのおのキバ」ロト!

ニャビーにはまだ難しいみたい

ムーランド元気だったか?

ニャビー、今度は「ほのおのキバ」の練習してるんだな!

あ、そうだ!オレ、きのみ買ったんだ!
ちょっとお裾分けするよ

きのみを取り出そうとするサトシに火の粉を浴びせるニャビー


そして、それをしっかり叱るムーランド。
ムーランドは最初からニャビーがサトシのパートナーになることを望んでいたんだと思います。

こりゃー珍しいな
タイプの違うポケモン同士でワザの練習とは…
ムーランドは随分ニャビーを大事にしてるんだな~

必死の訴え

後日、きのみを持ってニャビーのところに行こうとしていたサトシたちにロケット団が襲い掛かる。


が、ニャビーが現れ、火の粉をロケット団に直撃させた後、助けを求めるようにサトシのもとへ走ってきた。


ここのニャビーの必死さは見てて胸が苦しかったですね…

あれは…親びん!?

(ニャビーとニャース/16話参照)

撤収!撤収!
おみゃーらは先に帰るにゃ

 

みんなの反応
ページ :

1

2 3 4

Pokemon.with + nintendo


ポケモンを中心に任天堂関連の情報を取り扱う情報配信サイトです。




LANGUAGE

ポケットモンスターを中心に任天堂関連の情報を取り扱う情報配信サイト