【ポケモンGO】地方自治体と協力し周遊マップ公開。第一弾は京都と福島

Pocket

ポケモンGOが地方自治体と協力して周遊マップを作成。順次公開されていく模様。

周遊マップ公開!

Nianticと株式会社ポケモンは、iOS/Android用アプリ『ポケモンGO』に関して、地方自治体と協力して周遊マップを作成し、順次公開すると発表した。これにより、ポケモンGOのより幅広い浸透と地域活性化を目指す。Nianticによると、マップの公開に合わせて、ジムやポケストップの増設を必要に応じて行い、環境を整えていくとのことだ。

なお、この取り組みは記事公開時点では日本のみとなっている。

第一弾は京都と福島

今回の発表を受けて、京都府と福島県から全国初となる周遊マップの公開が順次実施される。

福島県

公開されたマップ

本日2月23日に福島県の須賀川市のマップが早速公開されている。また、同市を含む計36市町村でもマップが作成され、順次公開される。

京都府

京都府からは、3月に宮津市(天橋立)のマップが公開される予定。

ゴミ袋配布

配布されるゴミ袋

周遊マップを作成する地方自治体にはモンスターボールデザインのごみ袋が配布され、地域を散策するトレーナーに対してゴミの持ち帰りを促していくということだ。

 

プレスリリース

以下、メーカーの公式発表より

Niantic, Inc. (本社:米国カリフォルニア州、CEO:ジョン・ハンケ)および株式会社ポケモン(本社:東京都港区、代表取締役社長:石原恒和)は本日、iOS/Android のモバイル端末向けの位置情報ゲームアプリ『Pokemon GO』 (読み方:ポケモン ゴー)に関する周遊マップの作成において、観光振興や地域活性を目指す地方自治体と共同して取り組むことを発表しました。周遊マップの作成を希望する自治体に対して、それに関する公認素材、マップテンプレート、利用ガイドラインを無償で提供します。

今回の発表は、昨年の8月に発表した岩手県、宮城県、福島県、熊本県の被災4県、そして京都府との観光振興連携の取り組みの一環であり、周遊マップの取組みは、『Pokemon GO』の理念である”Adventures on Foot(歩いて冒険する)”と合致するものです。

今回の発表に伴い、京都府と福島県は、全国で初めて『Pokemon GO』と連携して周遊マップを公開します。福島県は須賀川市のマップを本日よりオンライン上で公開することを皮切りに、県内39市町村(須賀川市を含む)で展開予定です。京都府は宮津市(天橋立)のマップを3月頃に配布する予定です。また、これらの地域の状況に合わせて、現実世界と連動したゲーム上の拠点である「ポケストップ」や「ジム」を、新たに増設することにより、より自治体が活用しやすい環境の整備にも取り組む予定です。


Pokemon.with + nintendo


ポケモンを中心に任天堂関連の情報を取り扱う情報配信サイトです。




LANGUAGE

ポケットモンスターを中心に任天堂関連の情報を取り扱う情報配信サイト