【ポケモンGO】パートナーシップ提携企業のNianticへの支払額が明らかに


出典:gigazine.net/news/20170601-pokemon-go-vp-interview/

パートナー提携企業の支払額

gigazine.net:ポケモンGOのパートナー企業は訪問客1人につきいくら支払っているのか?
oglobo.globo.com‘Prefeito do Rio entrou em contato para que Pokémon GO estivesse ativo nas Olimpíadas’, conta executivo da Niantic

ポケモンGOの開発元であるNianticの戦略的パートナーシップ部門でVPを務めるMathieu de Fayet氏が、ブラジルのニュースメディア Jornal O Globoと対談を行った。その中で、ポケモンGOのパートナー企業は訪れるトレーナー1人あたりいくらをNianticに支払っているのかなどが明かされた。

誕生のきっかけ

■どのようにして『現実世界にポケモンが登場する』というアイデアが生まれたのか
Fayet氏:2014年にGoogleマップチームと『現実世界でポケモンを捕獲できたらいいね』とジョークを言っていたのが最初のアイデアです

その後Nianticは「Ingress」をリリースし、特に日本で人気のゲームとなったのですが、任天堂の岩田聡元社長もすぐにIngressをプレイしたとのこと。ポケモンGOリリース2年前から、任天堂とNianticは秘密裏にポケモンGOの開発を進めていたようだ。

パートナー提携による利益

■パートナーシップの仕組み
Fayet氏:パートナー企業の店舗などの特定の場所を決め、Nianticはその場所を訪れたプレイヤー1人あたり0.15ドル(約17円)を受け取っています。私たちは日本だけで5億人の来訪者数を記録しており、ポケストップになったマクドナルドでは1日あたり2000人の来訪者がいました

▼Jornal O Globoのインタビューを報じたTechCrunchによると…
Nianticの広報担当者から「0.15ドル」という数字は誤りだという連絡を受けた。
実際には「スポンサーは集客1人ごとに最大0.5ドルを支払う」とのこと。

■利益
0.5ドル(約50円)で計算するとNianticは5億人の集客で2億5000万ドル(約277億円)もの売上を得たことになりますが、ポケモンGOの効果はNianticだけにとどまらず、株式会社ポケモンにも影響している。

▼株式会社ポケモンの直近5年間の決算によると…
第18期(2016年)純利益:6億1900万円
第19期(2017年)純利益:159億2100万円
前年比25.7倍


コメント

コメントをお待ちしております

we are friends


ポケモンを中心に任天堂関連の情報を取り扱う情報配信サイトです。





LANGUAGE

Translate »
ポケットモンスターを中心に任天堂関連の情報を取り扱う情報配信サイト