没ポケモン/没イラスト/没データ等に関する調査

Pocket

このページでは、ポケットモンスターの没データ等に関する情報を掲載している。
※随時更新中

ベータ版メガヤンマ

UPDATE : 2020.08.14 >>
先史時代の昆虫をモチーフとして、さらに軍用ヘリコプターのような色合いやフォルムからインスピレーションを得てデザインされたと思われるポケモンだが、試作段階のデザインではその特徴が最終デザインより色濃く出ているように思われる。

左)ベータ版 右)最終版

再現イラスト

ズバットの進化前|没ポケモン

UPDATE : 2020.07.21 >>
2019年2月に発見されたこのポケモンは、ズバット系列の第1段階進化形態として計画されていた。

再現イラスト

ドット

2018年の読売のインタビューによれば、当時のゲームフリークの開発者は、ポケモン第1世代(赤・緑バージョン – ゲームボーイ)のカートリッジの容量不足を解決するために、もともと第3形態用意されていたポケモンのいくつかを2形態へとカットした。

 

ズバットの進化前とされるこのポケモンも、上述した要因によってカットされたと考えられており、ズバット系列はもともと第3段階であったとの見方が最有力だ。

ベータ版スイクン(スイ)|没ポケモン

UPDATE : 2020.06.05 >>
ポケットモンスター金・銀の1997年デモバージョンにおけるスイクンのデザインは現在のものとは大きく異なっている。また名称もスイクンではなく、よりシンプルに「スイ」と名付けられていた。

スイクン/スイ 比較

ベータ版 再現イラスト

by @RacieBeep

最終デザイン

ベータ版グラードン|没デザイン

UPDATE : 2020.05.06 >>
2012年にブラジルで開催されたイベント “Game On “にて第3世代ポケモンのコンセプトアートが展示された。以下はグラードンのベータ版デザインだ。

Gyaoon(ギャオーン)|没ポケモン

UPDATE : 2020.05.04 >>
書籍『学習まんがスペシャル ポケモンをつくった男 田尻智』に掲載された怪獣のような見た目をしたポケモン。「ギャース」という名前の案もあった。

掲載データと再現イラスト

 ベータ版メノクラゲ|没デザイン

UPDATE : 2020.04.25 >>
ベータ版のデザインには現在のデザインよりも多くの触手があったが、開発後期においては大半の触手が取り除かれ、最終的に2本のみのデザインとなった。

ベータ番 最終版 比較 – Beta sprite, final sprite

ベータ版再現イラスト – Beta sprite recreation

最終デザイン – Final design

 

第4世代:DP|性差の没データ

UPDATE:2020.04.24 >>
世代(ポケットモンスター ダイヤモンド・パール)において、最終的には削除された“性差で現れる特徴”に関する没データが明らかになった。

ピカチュウ・ライチュウ|性差に関する没データ

上段:ベータ版の性差
下段:最終版の性差

マリル・マリルリ|性差に関する没データ

左2列:ベータ版に存在した性差
右1列:最終版では性差がない

開発段階においては、マリル・マリルリともに、メスのほうがオスに比べて、尻尾に付いた球が大きい。

第1世代:赤緑|オーキド博士とのバトルに関する没データ

UPDATE:2020.04.24 >>
第1世代の内部データに隠された、最強トレーナーのオーキド博士との再戦データ。

手持ちポケモンは、プレイヤーとライバルが選ばなかった御三家ポケモンの最終進化(リザードン・カメックス・フシギバナのいずれか)・ギャラドス・ケンタロス・ナッシー・ウインディ。

第4世代:DP|天候 虹 エフェクト

UPDATE:2020.04.23 >>
第4世代(ポケットモンスター ダイヤモンド・パール)において、最終リリースバージョンでは使用されていない虹エフェクトが内部データに発見された。なぜこのような画面効果が作られていたのだろうか―。


ポケモンウィズ

ポケモンや任天堂関連の情報を取り扱っています。
現在ライター募集中です。ポケモンウィズで自分のコーナーを連載してみたいという方はお気軽にお問い合わせください。なにかに特化した記事でもOKです。

著者の最新記事

コメント

コメントをお待ちしております

Pokemon.with + nintendo


ポケモンを中心に任天堂関連の情報を取り扱う情報配信サイトです。



ポケットモンスターを中心に任天堂関連の情報を取り扱う情報配信サイト