エース経済研究所「ニンテンドースイッチは今年の年末商戦を境にPS4の需要を食い始める」

Pocket

switch、12月にどこまで伸びる

by nikkei.com

先日、任天堂の時価総額がポケモンGOリリース時以来となる5兆4500億円に達し、ソニーと11か月ぶりに逆転したことと関連して、いくつかコメントが掲載されている。


■ルガン・スタンレーMUFG証券:小野雅弘氏
23日の株価は一時前日比3%高の3万8580円まで買われ、連日で年初来高値を更新した。前日に「7、8月のスイッチの出荷を6月より増やす」と表明したのが買い手掛かり。任天堂は18年3月期にスイッチを1千万台販売する予定だが「計画以上に増産するとの期待が広がった」

■エース経済研究所
ソニーのゲーム機「プレイステーション4(PS4)」も累計実売台数が6千万台を超え好調で、ソニー株を押し上げている。それでもスイッチは「(人気ソフトがそろう)今年の年末商戦を境にPS4の需要を食い始める」


確かに任天堂は12月強いですが、今時点で年末あたりにくるとわかってるのは『スーパーマリオオデッセイ(1027)』『ゼノブレイド2(秋)』『LOST SPHEAR(秋)』『モノポリー for Nintendo Switch(秋)』『ロケットリーグ』あたりでしょうか。このラインナップでPS4の需要を食えるとは思えませんが、そもそも任天堂のメイン層はソニーハードと違ってファミリー層やライト寄りな方たちなので、冬発売のソフトに縛られる必要はありませんね。年末においても『スプラトゥーン2』などの人気タイトルが多大に売り上げに貢献しそうです。


Pokemon.with + nintendo


ポケモンを中心に任天堂関連の情報を取り扱う情報配信サイトです。




LANGUAGE

ポケットモンスターを中心に任天堂関連の情報を取り扱う情報配信サイト