ニンテンドースイッチ、国内販売台数100万台突破!ソフト売上1位は「マリオカート8DX」2位「ゼルダBotW」

switch、国内販売台数100万台を突破

by famitsu.com

ニンテンドースイッチの国内推定累計販売台数が100万を突破したことが分かった。集計期間は2017年3月3日(発売日)~6月25日、販売開始17週(約4か月)で100万台を突破したことになる。これは現行据置型ゲームと比較しても最速とのこと。品薄が各地で頻発しているにも関わらず、であることからもスイッチの勢いが伺える。

国内推定累計販売台数:101万6473台

ソフト国内推定累計販売本数TOP5

スイッチ向けゲームソフトの歴代売上TOP5も公開されている。
集計期間:各発売日~2017年6月25日

タイトル 販売本数
1 マリオカート8 デラックス 501,614
2 ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド 460,480
3 1-2-Switch 200,807
4 ARMS 154,845
5 スーパーボンバーマンR 92,112

■ファミ通コメント

任天堂のゲーム機「ニンテンドースイッチ」(2017年3月3日発売)は、発売から17週(約4ヵ月)で国内累計販売台数100万台を突破しました。なお、現行の据え置き型ゲーム機と比較すると、最も早い到達週数となります。
ニンテンドースイッチ向けソフトでは、「マリオカート8 デラックス」(任天堂/2017年4月28日発売)が50.2万本を売り上げ、累計販売本数トップとなっています。

今夏においては、「スプラトゥーン2」(任天堂/7月21日発売予定)、「モンスターハンターダブルクロス Nintendo Switch Ver.」(カプコン/8月25日発売予定)といった注目タイトルの発売も控えており、さらに、任天堂より出荷量増加について発表があったことからも、今後さらなる販売台数の伸びが期待されます。


コメント

コメントをお待ちしております

Pokemon.with +nintendo


ポケモンを中心に任天堂関連の情報を取り扱う情報配信サイトです。





LANGUAGE

ポケットモンスターを中心に任天堂関連の情報を取り扱う情報配信サイト